住所:東京都品川区東品川 2丁目2番24号天王洲セントラルタワー
TEL:03-5715-8651(代表)
FAX:03-5460-6310

CSR(社会貢献活動)

CSR (社会貢献活動)

浅村特許事務所は、以下の項目をCSR(社会貢献活動)と認識し、継続的に取り組んでいます。

環境保全活動
電力使用量の削減

昼休みの消灯、フロア内蛍光灯の間引き、蛍光灯のLED化を実施し、電力使用量の削減に取り組んでいます。 電力消費を抑える対策後は、約33%電力使用量を削減しています。

瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

浅村特許事務所は、瓦礫を活かす森の長城プロジェクト(理事長 細川 護熙 (ホソカワ モリヒロ)元首相)に賛同し、寄付を行っています。瓦礫を活かす森の長城プロジェクト(GREAT FOREST WALLPROJECT)とは、東日本大震災の被災地沿岸部に津波からいのちを守る森の防潮堤を築くために、震災瓦礫を埋めて盛土を築き、その上にシイ・タブ・カシ類を中心とした土地本来の樹種を植樹して森にしていく事業です。復興から立ち上がっていく日本のシンボル的事業です。

https://morinoproject.com/

知的財産啓蒙活動

特許・実用新案・意匠・商標等の知的財産についての相談会に、浅村特許事務所の弁理士が出張相談を行っています。
出張相談を通じて知的財産制度の発展に貢献しています。

外国人インターンシップ受入れ

各国の発展を担う有望な人材育成の推進、発展に寄与しています。
2014年1月~2月にインドネシアからインドネシア特許庁審査官1名をインターシップ生として浅村特許事務所で受け入れ、特許事務所業務の経験、インドネシア特許庁情報の提供等をして頂きました。
2017年2月~4月には、中国商標代理人を浅村特許事務所で受け入れ、商標意匠部において日本の商標代理人実務の習得、中国商標業務情報の交換などを行いました。
また、過去には韓国政府の公務員国外短期個人訓練プログラム、中国弁理士育成研修を実施した実績があります。

地域・社会への貢献

「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ」をホームタウンスポンサーとして応援しています。2018年3月21日(水・祝)から25日(日)までの5日間にわたり、 世界初開催となる「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ2018」が品川区天王洲公園にて開催されました。
ブラインドサッカーのアジアおよび世界への普及を目的に、国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)と協議を重ねてきた結果実現する、3年連続都内開催となる国際公認大会です。
当所は、この大会のホームタウンスポンサーとして応援しました。

WGP2018 公式HP  
http://www.wgp-blindfootball.com/


2019年3月19日(火)から24日(日)までの6日間にわたり、国際公認大会「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」が品川区立天王洲公園で開催されました。

当所は、今年もこの大会のホームタウンスポンサーとして応援しました。
http://www.b-soccer.jp/11828/news/
pr18094wqp2019.html