弁理士・弁護士一覧

岩見 晶啓

パートナー 弁理士(化学) / 博士号所持者

浅野 裕一郎(あさの ゆういちろう)

プロフィール

特許業務法人浅村特許事務所 化学部門の弁理士。
2003年から浅村特許事務所に入所。
専門は原子核工学(核燃料サイクル、アクチノイド化学)、分離・分析化学、溶接・接合工学、金属工学、無機材料化学、電気化学等。

卒業時には明石和夫教授の研究室に所属し、旧金属材料技術研究所(現NIMS)組織制御研究部第3研究室にて大橋修主任研究官の下で拡散接合法を利用した金属の接合に関する研究を行う。
大学院では冨安博教授の下で、安全性と合理的な放射性廃棄物の処理処分という観点から新規な使用済核燃料再処理法の開発に関する研究を行う。
「マイルドな条件における新しい再処理システムの開発に関する研究」で博士号取得。

学歴
東京理科大学理工学部工業化学科卒業
東京工業大学理工学部原子核工学科博士後期課程修了
職歴
東京工業大学原子炉工学研究所研究員、輝特許事務所(旧 谷山内外特許事務所)を経て、浅村特許事務所に入所。
試験合格
2001年10月 弁理士試験合格(弁理士登録:2002年2月)
登録番号
弁理士登録番号:12265
所属
化学部
言語
日本語、英語
担当案件
無機材料化学、エネルギー工学(特に、核燃料サイクル、アクチノイド化学、放射性廃棄物の分離等の原子力工学)、金属工学、分離・分析化学、溶接・接合工学、電気化学、化学工学
資格
工学博士
日本
弁理士会・
他 会員
2002年~現在 日本弁理士会
著書
Y.Asano, M.Kataoka, H.Tomiyasu and Y.Ikeda:“ Kinetic Studies on Dissolution of UO2 Powders in Acid Solutions by Using Cerium (IV) or Chlorine Dioxide as Oxidants" J. Nuclear. Sci. Technol., 33, 152-156 (1996) Y.Asano, N.Asanuma,T.Ito, M.Kataoka, S.Fujino, T.Yamamura, W.Sugiyama, H.Tomiyasu, K.Mizumachi, Y.Ikeda, Y.Wada and M.Asou:“STUDY ON A NUCLEAR-FUEL REPROCESSING SYSTEM BASED ON THE PRECIPITATION METHOD IN MILD AQUEOUS-SOLUTIONS"; Nucl. Technol.,120, 198-210 (1997) 等
関連特許:日本国特許第2858640号
論文「大橋,浅野裕一郎:チタン,銅及びステンレス鋼の拡散接合部への真空加熱処理の効果,日本金属学会誌61巻, 744~749, 1997」
趣味
テニス、スキューバダイビング、旅行、音楽鑑賞等
コメント
原子力・無機・金属材料系全般の技術分野についてのこれまでの知識・経験を活かして、お客様にご納得いただけるサービスを提供できるよう努めてまいりたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
一覧へ戻る
pagetop