弁理士・弁護士一覧

岩見 晶啓

社員 副所長 弁理士・弁護士

浅村 昌弘(あさむら まさひろ)

プロフィール

特許業務法人浅村特許事務所 副所長 及び 浅村法律事務所代表 を務める弁理士・弁護士。
 
弁理士としては、当初、浅村特許事務所の化学部門に所属し、化学関係(食品、ポリマー、化学繊維、医薬、バイオ等)の国内及び外国出願業務を担当していた。その後、日本におけるロースクール制度導入と同時に早稲田大学法科大学院に入学し、司法試験及び司法修習(鹿児島地裁配属)を経て弁護士となった。弁護士登録後、永島橋本法律事務所にて2年間アソシエートとして勤務し、主に国内外の特許に関する争訟その他企業法務を担当した。
 
2011年に浅村特許事務所に復帰し、かつ、同所に併設する形で浅村法律事務所を設立した。
 
現在、副所長としての事務所経営と共に、弁理士・弁護士として法律事務所において、特許、商標、意匠、著作権、不正競争防止法等に関する係争案件の相談、当事者系審判(無効審判・取消審判)、審決取消訴訟(査定系・当事者系)、警告書対応から交渉、税関における水際差止、訴訟に至る事件を、浅村特許事務所所属の弁理士らとチームを組んで担当している。
 
千葉大学工学部機能材料工学科では、有機材料、高分子材料から無機材料まで幅広く学び、研究室では大環状包接化合物の合成を研究した。
エジンバラ大学の修士課程においては、土壌中の各種鉄成分の定量分析方法について研究し、また、ランカスター大学においては、土壌の深度によるフマル酸、フルボ酸の組成変化に関する分析方法について研究した。
 
日本弁理士会では、アミカスブリーフ委員会(2011年~2013年)及び知財訴訟委員会(2013年~2014年)の委員を務め、知的財産に関する日本の訴訟制度、裁判例について調査を行った。

学歴
1996年3月 千葉大学工学部機能材料工学科卒業
1997年10月 エジンバラ大学大学院環境化学修士課程修了(M. Sc.)
1998年10月 ランカスター大学大学院環境科学修士課程修了(M. Res. with distinction)
2007年3月 早稲田大学大学院法務研究科修了
職歴
1999年4月~2007年10月 浅村内外特許事務所(化学部門)
2007年11月~2008年12月 最高裁判所司法研修所司法修習(新61期
2009年1月~2010年12月 永島橋本法律事務所
2011年1月~ 特許業務法人浅村特許事務所 副所長
試験合格
2001年10月 弁理士試験合格(選択科目:有機化学、生物化学、繊維工学)
2007年9月 司法試験合格(選択科目:知的財産法)
登録番号
弁理士登録番号:17295
弁護士登録番号:38807
所属
副所長
言語
日本語、英語
担当案件
当事者系審判(無効審判、取消審判)、審決取消訴訟、鑑定、警告書対応、
ライセンス交渉、侵害訴訟、各種契約書作成
主な
セミナー
講師
2013年 PA会主催研修「日本の特許判例の最新動向 ~進歩性を中心に~」
2014年5月、8月 日本弁理士会主催 研修フェスティバル「損害賠償について ~知財訴訟の判決例を挙げながら~」
日本
弁理士会・
他 会員
[弁理士会・他会員]
2001年~ 日本弁理士会
2011年4月~ アジア弁理士協会(APAA)会員
2011年4月~ 国際知的財産権保護協会(AIPPI)会員

[弁護士会・他会員]
2011年1月~ 第二東京弁護士会
著書
2012年9月 「ソーシャルメディア時代の個人情報保護Q&A」 第二東京弁護士会編
 (日本評論社)共著
趣味
旅行、弁護士関係海外ドラマ・映画鑑賞(ザ・プラクティス、ボストン・リーガル、グッド・ワイフ等)
コメント
当所は国内外の出願業務(権利化業務)に関しては120年以上の歴史をもっておりますが、
権利化後の知的財産の活用、紛争関係につきましても、浅村法律事務所設立以降、徐々にご依頼が増えております。
権利化後のサービスもお客様へワンストップで提供することにより、出願業務の品質向上にも繋がるものと考えております。
一覧へ戻る
pagetop