What's New

2018年01月10日(水)

冊子「知財プリズム2018年1月号」に、当所所員が寄稿した論考が掲載されました。


「ロシアでキッコーマン社製醤油のボトルのデザインを保護」
ロシア競争保護法研究グループにおける当所の後藤弁護士・弁理士、
大塚弁理士、原弁理士が関与した事件の概要を掲載したものです。

「ロシア連邦競争保護法を管轄する連邦反独占庁(FAS)は、ロシアの企業「SANBONSAI」によってロシア市場で販売している卓上壜入り醤油製品の形状が、キッコーマン社製のしょうゆ卓上壜の形状と粉らわしく、同「SANBONSAI」の販売する醤油製品はキッコーマン社製品ではないかと需要者が出所を混同するおそれがある行為に当り、ロシア連邦競争保護法に違反すると決定し、「SANBONSAI」に対して、当該販売行為の停止を命じた事件です。
 
2015年、ロシア連邦は、不正競争からの有効な保護を確保するための規定をロシア連邦競争保護法に盛り込む改正を行いました。
その規定がどのように運用されるかに関して世界的に関心を集めていましたが、本件は、改正後のロシア連邦競争保護法により、ロシアで販売されているキッコーマン社製しょうゆ卓上壜に係るデザイン(3-D)商標を保護することとしたケースであり、ロシア国内でも非常に注目されたものです。」
一覧へ戻る
pagetop