What's New

2016年05月24日(火)

2016年5月17日の日刊工業新聞に、弊所名および 弊所弁理士 篠田卓宏(日本弁理士会意匠委員会委員長)に関する記事が掲載されました。

本年5月17日の日刊工業新聞において、「日本弁理士会は人工知能(AI)が自動生成する知財の取り扱いについて検討を始める」との記事が掲載されました。
政府の知的財産戦略本部が本年5月9日に決定した「知的財産推進計画2016」 に、AI創作物に対応する知財システムの検討が明記され、これを受けて日本弁理士会の意匠委員会(篠田卓宏委員長=浅村特許事務所弁理士)と著作権委員会で、AI創作物を知財制度上どのように取り扱うかについて、検討を進めていくことになりました。

一覧へ戻る
pagetop