弁理士・弁護士一覧

岩見 晶啓

弁理士 (機械・電気)

田中 祐子(たなか ゆうこ)

プロフィール

特許業務法人浅村特許事務所 機械電気部門の弁理士。2005年、浅村特許事務所に入所。
入所以来、機械電気分野の特許出願業務全般(国内出願・外内出願・内外出願)を数多く手掛ける。

特に、アジアを始めとする新興国での特許戦略に関心を持ち、研究・思案を怠らない。
浅村特許事務所内では、アジア委員会に所属し、アジア諸国の知財動向等について情報収集に当たっている。
また、中小・ベンチャー企業等のスタートアップ支援にも力を入れており、出願業務のみにとらわれない多角的な支援の可能性を模索している。

大学では、当時日本初のメディア学部の1期生として、ITをコアとした実践的なメディア技術を学ぶ。
研究室では、画像処理、マンマシンインタフェース、コンピュータビジョン分野、特に「動画像に基づく視線入力インタフェース」や
「ジェスチャ認識による3次元入力インタフェース」の研究・作製を行う。

先端メディアの知識を生かして、従来の機械電気分野にとどまらず、新分野、新領域の案件へと範囲を広げ続けている。

学歴
2003年3月 東京工科大学 メディア学部 メディア学科卒業
2005年3月 東京工科大学大学院 メディア学研究科 メディア学専攻修了
職歴
2005年4月~ 浅村特許事務所
試験合格
2013年11月(弁理士登録:2014年4月)
登録番号
弁理士登録番号:19436
所属
機械電気部
言語
日本語、英語
担当案件
画像処理、信号処理、通信、半導体、計測、制御、加工、医療機器、ソフトウェア、ビジネスモデル
主な
セミナー
講師
2014年 WIND EXPO 2014 知的財産ミニセミナー
日本
弁理士会・
他 会員
2014年~現在 日本弁理士会 会員
趣味
演芸鑑賞(漫才、コント、落語)、映画鑑賞、電子工作。マイブームは、パンケーキ。
コメント

新しい時代の知財戦略が求められています。
具体的には、技術調査や知財マッチング、資金調達や投資回収のための知財活用戦略が
ますます重要になってくると考えられます。

一緒に考え、悩みながら、お客様とともに、新しいことに挑戦していく弁理士を目指しています。

一覧へ戻る
pagetop