国内商標

国内意匠

わが国は、欧米諸国との間においてのみならず、近年はアジア諸国との間でも企業の経済競争が激化しています。こうした状況の中、製品等の高付加価値化の傾向が見られ、これに伴い製品に関係する権利の保護意識も高まってきています。デザインは、直接かつ分かりやすく視覚に訴えるものであり、製品等の高付加価値化のための重要な手段です。
多くの競合製品が存在する分野や技術的に成熟した分野においては、デザインを戦略的に活用することが求められています。デザインについては、意匠法に基づく独自の保護制度が設けられていて、一定の要件を満たした物品のデザインについては意匠権の設定登録がなされ、登録から最長20年間の長期にわたり独占排他的権利(意匠権)による保護を受けることができます。当所の経験豊富な弁理士が貴社の意匠権の設定登録等をサポートさせて頂きます。

相談

意匠権の設定登録は、一つの物品の全体のデザインのみならず、その一部のデザインについて、また、所定の複数の物品を一組にしたいわゆるシステムデザインや、物品の機能に基づいて形状が変化するデザインについても認められます。
貴社の製品デザインに適した意匠権による保護制度の活用をご提案させて頂きますので、ご検討中のデザインがございましたら、まずはご相談下さい。

調査

新たな意匠登録出願の登録可能性を調べるためだけではなく、新製品を製造販売するに際しては、そのデザインについて抵触する可能性のある他人の意匠権の存在を確認するためにも先登録意匠の調査をすることが賢明といえます。
意匠登録が存在するあらゆる分野の先登録意匠の調査をサポート致します。

出願

強い意匠権を取得するための保護対象の特定、適切な出願の種類の選択、また、図面の作成から最終的な出願手続きまでトータルにサポート致します。 当事務所内には、意匠図面を専門とする経験豊富なトレーサーがおりますので、お客様のご要望にきめ細かく対応することができます。
場合によっては、ご来所頂き、ご相談しながら、図面を作成することも可能です。国内のみならず、外国における意匠登録出願を視野に入れたアドバイスも行い、国際的なネットワークを活用した外国における権利取得も強力にバックアップしています。

中間処理

拒絶理由通知、拒絶査定への対応等、手続きの段階に応じた事前のアドバイスを行いながら、中間的な手続きも幅広くサポート致します。

登録後の管理

年単位で納付可能な登録費用(年金)の支払い手続きも、適時ご案内しサポート致します。 また、貴社名やご住所の変更、組織の変更(合併等)、権利譲渡、ライセンス等に伴う、各種の登録申請の手続きもサポート致します。

その他

他人の意匠登録を無効にするための審判を請求する場合、また、貴社の意匠登録について他人から同様の審判請求を受けた場合の審判の対応も致します。また、意匠専門の経験豊かな弁理士が各種鑑定に対応致します。

pagetop