事務所沿革

初代専売特許局長 高橋是清氏(左)と浅村内外特許事務所初代所長浅村三郎(右)
初代専売特許局長 高橋是清氏(左)と
浅村内外特許事務所初代所長 浅村三郎(右)
1891年(明治24年)
浅村三郎(初代所長)、大阪において事務所設立
1899年(明治32年)
特許代理業者登録規則の制定
特許代理業者登録(第5号)
特許法、意匠法、商標法の改正(明治32年法)
1921年(大正10年)
弁理士法制定
1947年(昭和22年)
東京(丸ビル)に事務所を移転
所長 浅村成久(2代目所長)が継承
1958年(昭和33年)
新大手町ビルに事務所を移転
1973年(昭和48年)
所長 浅村皓(3代目所長)が継承
1976年(昭和51年)
浅村内外特許事務所を正式名称として登録
1991年(平成3年)
事務所設立100周年
事務所ロゴをサービスマークとして登録
2001年(平成13年)
事務所設立110周年
2008年(平成20年)
特許業務法人 浅村特許事務所設立
2011年(平成23年)
天王洲セントラルタワーに事務所を移転
浅村法律事務所設立
事務所設立120周年
2014年(平成26年)
現所長 金井建が継承
2015年(平成27年)
浅村合同事務所設立
2016年(平成28年)
事務所設立125周年
pagetop